【意外に掛かる!】新郎新婦必見!見落としがちな結婚式に関わる費用のご紹介

こんばんわ!

熊本の結婚式のプロデュース会社、ニューウェディング熊本です!

 

今日はとても風が冷たく、真冬のような寒さでしたね。。。

そして、昨晩は震度4の地震。。。

 

ビックリしたのが、ケータイからのアラーム音!

普段聞かないアラーム音が大音量で鳴りだした直後に揺れがきて、ビックリと同時に感心しました!

 

 

 

さて、話は逸れましたが、今回は結婚式のお話に戻ります。

 

誰もが気になる事だと思いますが、結婚式の「費用」について書きたいと思います。

 

 

 

「費用」と聞いてまず思い浮かぶのが、結婚式自体の費用だと思います。

300万くらい?400万くらい?など、個人差はあれど、皆さんそれぞれのイメージがあるかと思いますが、今回は結婚式が決まってから掛かる見落としがちな費用についてご紹介します。

 

まず、結婚が決まってからまず始める事といえば、ご両親への挨拶だと思います。

お仕事などの都合で、遠方にご両親がいらっしゃる方も多いと思いますが、今回は一番多いケースでのお話をさせて頂きたいと思います。

 

それぞれのご両親への挨拶が済んだら、結納や食事会などで両家の顔合わせをされると思いますが、ここでも費用が発生してきます。

 

両家分のお料理代や、結納される場合は結納金など。

各ご家庭で違うとは思いますが、新郎新婦様が負担される場合が多いです。

 

例えばお食事会だけでも、お料理代が10,000円だとすると、新郎新婦とご両親の6名だけでも60,000円となります。

 

もちろんご両親からの援助がある方もいらっしゃると思いますが、ないものと考えて新郎新婦様ご自身で準備すると考えられていた方が良いでしょう。

 

 

 

他には、結婚が決まってから同居される場合は引っ越し費用や、お部屋を借りられる場合に発生する費用、家具家電の購入費用など。

一般的には50万円~100万円掛かるといわれています。

 

もちろんそれ以下で抑える事も可能ですし、それ以上掛かる方もいらっしゃいます。

 

 

 

その他でいうと、結婚指輪を購入される場合はその費用。

披露宴会場を予約する際に掛かる手付金。

衣装レンタルされる場合に掛かる手付金または保証金。

手作りのペーパーアイテムや、装飾品に掛かる費用などなど。

 

結婚式の準備を進める上で、少なからず色々な場所で、色々な費用が掛かります。

しっかりとした収支管理されながら結婚式の準備を始められると良いでしょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月14日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:コラム

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ