レストランでの会費制ウエディングの相場とは

結婚披露宴といえば、専用の式場やホテルを貸し切って行われることが一般的になっていますが、レストランで食事をしながら披露宴を行おうという動きが増えてきています。いわゆるレストランウェディングというものです。傾向としては、海外で親族だけで結婚式を挙げたカップルが改めて国内でお祝いをしてもらおうという時に、1.5次会として行うことが多くなっています。また、料理が大変充実しており、カップルのお気に入りのレストランをレストランウェディングの舞台にすることも目立ちます。

こうしたケースでは会費制にすることが一般的です。会費制にすることで、ご祝儀の額をいくらにすればいいかという心配をしなくて済むだけでなく、気軽に参加できることから、式の雰囲気もアットホームになりやすいという特徴があります。その分、新郎新婦の裁量が大きく、新郎新婦の段取りによって出来が大きく左右するのも特徴です。

 

レストランウェディング会費制の相場は、だいたい1万円から1万5000円となっており、場合によっては2万円になることもあります。レストランウェディングの場合、挙式費用が通常より安く設定できるのがメリットです。通常の式場では司会者やドレス、花など事前にセット価格で決められてしまい、削りたくても削れないものがいくつかあります。しかし、レストランウェディングであればこうした心配は無用です。

新郎新婦の意向が重要視されるため、演出を極力省けばその分、会費を抑えることができます。反対に、新郎新婦が演出や装飾をこだわる場合もあり、その場合は費用がかさむことも予想されます。

会費制の最大の特徴はご祝儀の返礼をしなくて済むことです。ご祝儀の返礼はご祝儀の10分の1と言われていますが、返礼品を何にするかというのもかなり大変な作業です。こうしたことも会費制にすることで省くことができます。気軽に参加してもらい、多くの人にお祝いしてもらいたい場合にはレストランウェディングは最適です。

タグ

知っている?レストランウエディングの服装について

結婚式のスタイルの中でも比較的アットホームな雰囲気が人気となっているレストランウエディングですが、ゲストとして参加する場合にはどのような服装がいいのかというところは男性も女性も悩みがちです。また通常の結婚式とはマナーが異なっている部分もあるので注意しなければいけない部分もあるので、その点を注意しながら選ぶ必要もあります。

まず女性の場合、レストランウエディングでは一番無難とされているのがフォーマルドレスです。と言うのも一見カジュアルな結婚式のように思われがちですがホテルのようにフォーマルな会場ではないと言うだけで、レストランウエディングはカジュアルな結婚式ではないと言われています。

 

そのためあまりカジュアル過ぎない服装が好まれているので、普通の結婚式と同様にフォーマルドレスを着用していけばまず間違いはないとされています。だからと言ってフォーマルすぎても雰囲気から浮いてしまうので、例えばワンピースにジャケットと言うラフなスタイルや着こなし次第では仕事着のようなスタイルでも可能となっています。

ただし白を基調としているのはもちろん駄目ですし、素足も駄目です。サンダルやミュールなどもギリギリですが場合によっては顰蹙を買ってしまう事もあるので、足元やカラーも無難な色にしておくことがおすすめされています。ただ黒などのカラーでも安っぽく見えてしまう素材はあまり好まれていないので、素材にも注意しておきたいところです。

では男性の場合はどうなのかと言うと、略礼装が一番無難とされています。こちらの場合は仕事着のようなスーツの着こなしはあまり好まれていないので、少し崩したようなカジュアルを意識していく事がお勧めです。ただし当然カジュアルすぎると言う服装はおすすめではないので、ジーンズやブーツ、革のジャケットなどを身につけることは好ましくありませんし顰蹙を買ってしまう可能性があるので注意が必要になります。

タグ

レストランウエディングの気になる費用は?

レストランウエディングは、幸せなカップルにオススメのポイントがたくさんあります。

まず、何よりも低予算であるということ。ホテルや専門式場の総合費用の相場は全国平均で約300~350万円と、年々その数を減らしながらも、将来を見据えた二人には大きな出費となるはずです。また、ゲストハウスでの結婚式も人気がありますが、平均費用は370万円と、こちらも高額になっています。

レストランウエディングの場合、費用の相場は220~260万円とリーズナブルで、熊本だともっと低価格になります。ご祝儀内でウェディングが挙げられるプランがあるレストランもあります。さらに、新郎新婦の持ち込み企画をすることで、ディスカウントしてくるところもあります。また、音響・照明の基本料金がかからないレストランがほとんどなのも要因と考えられます。

低予算の理由としては、規模が小さく、招待客の数が限られる(最大で90名程度)ことがあげられます。しかし、最近ではウエディングを想定して作られる大型のレストランや、複数のウエディングプランを用意しているレストランも増えてきています。

臨機応変に対応できるのもレストランウエディングの特徴

安いだけではなく、レストランなのでアレルギー対応や細かい注文にもすぐに対処できます。もちろん料理は文句なしですし、インテリアや会場の雰囲気作りもホテルやゲストルームには劣りません。場所によっては丸1日貸切も可能で、自由な演出ができるのも大きなポイントです。会場の規模が小さい場合でも、一体感のあるアットホームなウエディングを催すことができます。友人に司会を頼んだり、ウエディングケーキをお気に入りのお店で頼んだり、思い切って自分たちで手作りしたりできるのもレストランウエディングならではです。

また、立地にも強みがあります。伝統の日本庭園も一緒に楽しめる老舗料亭でのレストランウエディングや、シーサイドレストランでの挙式、高層ビル屋上のレストランで夜景ウエディングなど、様々なバリエーションがあり、選択肢が多いです。

タグ

このページの先頭へ