鹿児島&宮崎サイト
福岡サイト


トップ > 和婚式 > 衣装紹介

熊本の神前結婚式【衣装】のお話

花嫁が最も輝くこの日。やっぱり力を入れたいのは婚礼衣装ですよね。和化粧をしてもらい、着物に袖を通して背筋を伸ばした瞬間、「日本人でよかった」「和のウエディングをしてよかった」と感じる新婦様は大変多いです。伝統的な衣装としては白無垢・黒引き振袖・色打掛


以前は文金高島田と呼ばれるかつらをつけるのが一般的だったけれど、近年は披露宴などで、和装に洋風の髪型、メイクにあわせるのも人気になってきました。

また、「和装だから着物」という固定観念を取り払って、和ドレスを選ばれるカップル様も増えてきました。どちらのタイプも色や柄、素材感、さらには自分自身の肌の色や身長などで大きく印象が変わるので、衣装合わせには納得がいくまで時間をかけたいものですね。結婚式場や披露宴会場の雰囲気とのマッチングも考えるべきですね。

意味を知れば、衣装選びがもっと楽しくなります♪

和の衣装を見てみると様々な文様や柄があることに気付くはずです。

例えば、鶴亀や鳳凰などは、めでたさのしるしである吉祥文様と呼ばれるもの。黒引き振袖は、かつては武家の婚礼衣装だったといわれ、黒染料が高価だったため、晴れの日の衣装に黒が使われるようになったとか。裾を引きずって着るため「お引きずり」とも言われる。

由来や文様や柄を知って選ぶとより衣装選びが楽しくなってきますよ。また、 衣装選びでは、ゲストの視線を集める後ろ姿のチェックも忘れないでくださいね。




メモリアル7点セット&プレミアムフォト婚プランが特集されました!