鹿児島&宮崎サイト
福岡サイト


トップ > 和婚式 > 神前式の実例紹介

契りを結ぶため神と向かい合う厳かなる神殿【神前式の流れ】

参進の儀、入場
雅楽が流れ、結婚の儀がスタート。斉主、巫女に先導され、拝殿へ進む。神社の場合は境内を【花嫁行列】する。

修ばつの儀

祝詞奏上

斉主が祝詞を読み上げ、神前に二人の結婚を報告。永遠の幸せを祈願する。

神楽奉納
神楽に合せた巫女の舞。新郎新婦が神前に奉納する。

三献の儀
夫婦の契りを交わすための儀式。【三三九度】ともいう。

誓詞奏上
新郎新婦が神前に進み、結婚の誓いの言葉である誓詞を読み上げる。

玉串奉奠

指輪交換の儀

親族杯の儀

親族固めの杯の儀とも言われるもので、親をはじめとした親族が、両家の縁を結ぶ意味を込めてお神酒をいただく。

斉主挨拶

退場


メモリアル7点セット&プレミアムフォト婚プランが特集されました!