鹿児島&宮崎サイト
福岡サイト




ニューウエディング熊本のご相談フォームにて、結婚式のご相談を日々お問い合わせいただいておりますが、「まず最初に」お客様よりいただく疑問、質問として【なぜ、ニューウエディング熊本は、結婚式場や、他のウエディングショップさんより、格安なのか?】と、多くの方々にご質問されます。

御成約後のカップルさまに、この事をお聞きしたら、ほとんどのカップルさまが「問い合わせした時点では、他に比べて格安なぶん、クオリティー、質が悪そうだなと思ってたし、どうせ別料金かかって結果高くなるんだろうなと思っていましたよ(笑)」と、うちあけていただきます(汗)。

この内容は、大変多くご質問いただく内容であり、お客様に不安を抱かせてしまう部分かと思いまして、ちょっと「濃い内容」になるかと思いましたが(笑)包み隠さず、オープンにお答えしようと思い、このページを作らせていただきました!




ほとんどの方々が「結婚式は高い」と、思われていると思います。
300万円~400万円もの費用がかかると聞けば、確かに「結婚式は高い」と思ってしまいます。
わたしも、このウエディング業界に入っていなければ、そう思うと思いますが、業界にいる現在、そうは思いません。
「これまでの結婚式の売値が高すぎたんだ」と、思っています。

なぜなら、結婚式には【マージン(手数料)】があるからです。
そこで皆さんに質問です。

街中のお花屋さんの「お花代」や、近所の写真屋さんの「撮影代」、オシャレな雑貨屋さんの、オシャレな「お皿や、カップ代」等々、なんとなくは金額が想像つきますよね?その想像通りの金額が、実際結婚式の各々業者「お花屋さん」「写真屋さん」「引き出物屋さん」等々にいくお金です。では、なぜ【結婚式】と名付くだけで、値が跳ね上がるのか?この跳ね上がった差額分が【マージン(手数料)】であり、結婚式場にいくお金です。

格安といわれるニューウエディング熊本は、そんなに格安なワケではありません。【マージン制度を一切排除した上で、出来る限りの低価格化を追求し続けているだけです】ニューウエディング熊本は、マージンを「もらいません」し、「払いません」。





結婚式を挙げるには、結婚式場が必要不可欠です。
その結婚式場を所有するには、莫大な費用がかかります。
最近、流行のゲストハウス(一軒屋会場)を、仮に居抜きで所有したとしても「設備費」「維持費」はかかり続けます。
それに、流行に左右されるウエディング業界だけあって、定期的なニーズに合わせた「改装費」もかかります。


これら、費用の増大は「高価格化」につながり、前述致しました「マージン制度」を促します。
ニューウエディング熊本は、結婚式場は持ちません!

結婚式場にしかできないコト以外の「モノ」で、お客様満足度を追及しようと決めています!
ニューウエディング熊本は、ウエディングの「モノ」専門で、お客様満足度ナンバー1を目指し続けます!!





結婚式場と契約されたとき、当たり前のように勧められる各ショップさん。

「会場装花の打ち合わせは、○○花店と、どうぞ」
「前撮りの打ち合わせは、○○写真館と、どうぞ」
等々・・・

このようなショップさんを「結婚式場の専属業者」と言います。

結婚式場と、専属業者との関係は、前述致しましたとおり「マージン(手数料)」が発生しています。
では、どのようにして、この関係性になるのか?

「専属業者は、専属になるための保証金(数千万円)と、テナント代を、結婚式場に支払い、その見返りに、その結婚式場で、結婚式を挙げる方々の依頼(仕事)を自動的に受けられる」という内容です。ビジネス間では、良い関係に見受けられますが、マージンも含めて支払わなければならない、新郎新婦さまにとってはいかがなものでしょう?

でもこれが、
「結婚式は高いものだという、固定観念を作り上げた、ウエディング業界特有の、伝統的ともいえる、カタチ」であり、
現在も続いております。

上記にて、述べましたように、ニューウエディング熊本では「マージン制度一切排除」と、「モノ」の満足度向上に必要のない費用はオールカット」を行っておりますので、ニューウエディング熊本は、専属業者にはなりません!というより、この感覚を持った弊社を、専属業者にしたいと思われる結婚式場は、どこにもないと思います。